なんと天下のLADY GAGAの「公式」アカウントをこともあろうに、MEDIA INTARACTIVE.incなる謎の会社がアカウントごとbanしてしまうという珍現象が起きた。著作権侵害が原因とのことだが、GAGA側がフジの番組に出るにあたってどのような契約を結んでいるのか(たとえば自分の出ているシーンの二次使用権を有する契約になっている場合)が不明なのでなんとも言えないのだが、普通は、著作権者(この場合はフジテレビ)の法定代理人(普通は弁護士)が著作権侵害の申し入れをするのが「慣習」であって、いきなり「商業利用しているアカウント」をbanしたら巨額の損害賠償を請求されることになるだろう。GAGAの公式アカウントのパブリシティ効果からするとヘタすると「兆」単位の損害賠償をふっかけられてもおかしくないだろう。さようならMEDIA INTARACTIVE.inc。キミのことはケン&スタッフや本多芸能のように忘れない。


さて、このMEDIA INTARACTIVE.incだが、現在ものすごい勢いでももいろクローバーの動画をネット上から削除し、アカウントをbanしまくっているという「非常にクライアントがわかりやすい」会社だ。どんな会社かというと、本社は渋谷区にあり、役員に村上直。村上直といえばblauの社長で、もともとはサイバーエージェントの人間だ。ああ、なんてわかりやすい。藤田晋の閥の会社というわけだ>MEDIA INTARACTIVE.inc


MEDIA INTARACTIVE.incは先日も宇多田ヒカルの公式動画を削除しまくるという、これもまたクライアントがわかりやすい「しでかし」(依頼されてやってるんだから、本当は「業務」)をしたことで名を上げたが、今回はあまりに相手が大きすぎた。さらに言えば「日本の著作権法の通じない国籍の相手」に対して、根拠薄弱な侵害申し立てをしたというのも不味すぎる。日本国内で裁判するならまだしも、アメリカで訴訟を起こされたら「絶対に」勝ち目はない。GAGA側の訴訟代理人がよほど間抜けでない限りは絶対に勝つ。


さようならMEDIA INTARACTIVE.inc。キミのことはケン&スタッフや本多芸能のように忘れない。

(注 ケン&スタッフ ジャニの警備をしていた会社で、SAMAPと無関係な女性の乗客が新幹線に乗ろうとした際にSMAP警備中の社員がこの女性を新幹線ホームに突き落として殺そうとして逮捕されたことで名を上げたイベント屋。よく潰れなかったなぁ。。。)