以前、タイのバンコクに「ナタリー」と呼ばれるMPがあった!!

 

ちなみにMPを知らない方のために簡単に説明させていただくと…

MPとはマッサージパーラーの略で、日本のソープランドに近い感じです!!

 

 

ガラス張りの部屋の中に雛壇があって、女の子がズラ~っと座り、その中から選ぶというのが特徴です!!

それゆえに「金魚鉢」などと言われたりもします!!


…といいながら、ガラス張りじゃないお店も多かったりするんですけどね!!

 

 

そして、遊び方は簡単!!

 

気に入った子を選んでプレールームに移動するという、シンプルな流れです!!

 


そして、そんなMPの中でも日本人に人気だったのが「ナタリー」というお店です!!


「だった」と過去形になっているのは、今は営業停止になっているからです!!

 

なにやら、未成年を雇っていたとか…

不法で隣国の外国人を雇っていたとか…

はたまた政治的なことが絡んでいるとか…


そんな理由で警察の強制捜査が入り、現在は営業しておりません!!

 

…ということで、今回はそんなナタリーが営業していた頃、初めて行ってきた時のお話です!!

 

 

場所は地下鉄ホイクワン駅のすぐ近く…

ここらへんには、他のMP店もたくさんある場所です!!

 

そして、違うお店ものぞきながら、ついにナタリーへ突撃です!!

 


はいっ、店内にはビックリするぐらい女の子がいっぱいです!!

 

100人近くいるんじゃないでしょうか!?

他のお店とは規模が違うくらい、沢山います!!

 

しかも、日本人に人気ということもあり、日本人好みの可愛い女の子もいっぱいです!!

 

 

すると、案内係のお兄さんがすぐにやってきてくれました!!

 

そして、店内を一緒に回りながら、女の子の値段を教えてくれます!!

 

ちなみにMPは女の子によって値段が違うことが多いんです!!

 

座る場所やバッジの色などで分けていて…

例えばバッジにMと書いてあったら、モデルクラスで割高…
バッジに数字だけなら、タマダーなんて分け方をしているお店もあったりします!!


※ちなみにタマダーは「普通」とか「まぁまぁ」みたいな意味です!

 


そして、ナタリーでは座る場所によって分かれているのですが、その中でも値段が違うみたい!!


お兄さんが「この子5000」「3000」「4000」と次々に女の子を指差し、値段を教えてくれます!!

 

はいっ、正直早すぎて覚えられないんですけど( ̄▽ ̄;)

 

 

でも、どうやって値段を決めてるんだろう!?

 

確かに可愛くて高くても納得な子もいるけど、正直そうでない子もいるし…

逆に凄く可愛いのに、安い子もいたりするしなぁ…

 

それに値段も2000から7000ぐらいと大きく違う…

3倍も違うって、なんかヤル気がなくなったりしないのかなぁ…

それとも「負けないぞ」と逆にヤル気になるのかな…

 

 

そんなことを考えていると、ぞろぞろと入ってくる日本人のおじさん達…


はいっ、案内係のお兄さんも僕を置いて、そちらに行っちゃいました( ̄▽ ̄;)

 

きっと貧乏臭くて全然決めない僕よりも、お金を持っていそうなおじさん達を選んだのでしょう…

 

 

そして、女の子に囲まれ気まずくなった僕は悩みに悩んで、そのままお店をあとにするのでした…

 

 

しかし、今では後悔している!!

 

営業停止になってしまうなら、その前に行っておけば良かったと…

 


そう、人はいなくなってから気付くんだ!!

大切なモノをなくしてから気付くんだ!!

 

だからこれを読んでくださってる方に伝えたい!!

あとで後悔しないよう、なくしてしまう前に行動してほしいと…

 

…って、最後かっこよくまとめようとしてるけど、ただのエロ記事じゃねーかヽ(*`д´*)ノ