世界一周81日目 南アフリカ(ヨハネスブルグ)〜ザンビア(リビングストン)

f:id:nexus17xxx:20170801033548j:image







朝起きたのは7時すぎ。

昨日泊まった南アフリカ・ヨハネスブルグの空港近くのホステルで目覚めます。



f:id:nexus17xxx:20170801033658j:image



着いた時は暗かったからよく分からんかったけど、

明るくなってから見るとなかなかに豪華。




f:id:nexus17xxx:20170801033729j:image



無料の朝食を食べます。


今日のフライトは昼の11時にヨハネスブルグ発。


朝8時の送迎シャトルで宿を出て空港に向かいます。



f:id:nexus17xxx:20170801033857j:image




半日ぶりに舞い戻ってきたヨハネスブルグ国際空港。


f:id:nexus17xxx:20170801033920j:image



ロビーの巨大な吹き抜けが印象的です。






チェックインを済ませたあと2時間近く時間を潰し、

いよいよフライトの時刻。



目的地はザンビアのリビングストン。


有名な世界三大瀑布の一つである「ヴィクトリアの滝」の最寄りの街です。





2時間ほどのフライトのあと、リビングストンに到着。


f:id:nexus17xxx:20170801034135j:image





快晴です。


さすが俺、晴れ男!!!!



乾季なので当たり前ですが。笑



f:id:nexus17xxx:20170801034222j:image


リビングストン国際空港は小さな空港。





ここ、ヴィクトリアの滝はザンビアとジンバブエの国境になっています。


双方から滝を眺めてみたいのが人情というもの。



この両国間を行き来できるビザが以前は発給されていましたが、

数年前に廃止になってしまったそう。



なので現在は、

ザンビア→ジンバブエ→ザンビアと観光すると、ビザ代だけで110USDも掛かってしまう状況に。





しかし、なんと!!!

今年の3月からこのビザが復活したというのです!



お値段50USD!

これ1枚あればザンビアとジンバブエを何往復でもできます。

お得!!!






そんなビザをゲットして、空港から4kmほど離れた街へ向かいます。


タクシー代をケチって、適当な安宿の送迎サービスに乗せてもらって、
その宿に泊まることにしました。




リビングストンの街に到着。


f:id:nexus17xxx:20170801033548j:image





まさにアフリカ、って感じの空の色。


f:id:nexus17xxx:20170801035806j:image





ヴィクトリアの滝を発見した、リビングストン博士に関する展示のあるリビングストン博物館。


f:id:nexus17xxx:20170801035005j:image


f:id:nexus17xxx:20170801035003j:image



お察しの通り、博士の名前がこの街の名前になっています。





30分ほどで見終わり、街の中心部にある市場へ。



f:id:nexus17xxx:20170801035123j:image




所狭しと雑貨が並んでいます。

おみやげとか買うのに良さそう。



ただ、あと40日近くも旅は続くので、ここでお土産を買うのは諦めます。笑


f:id:nexus17xxx:20170801035132j:image







ひと通り街を見て回ったので、宿へと戻ります。


こんな部屋。



f:id:nexus17xxx:20170801035337j:image




申し訳程度に蚊帳はありますが、

部屋の中はものすごい数の蚊が飛び回っています。



蚊帳の中にも。笑






まあ1泊5ドル。こんなもんです。






ただね、ひとつ問題が。

この部屋、電気がつかない。



電球が切れてるとかじゃなくて、電気が来ていない。笑




なので真っ暗。

日が暮れると頼りになるのは月明かりだけ。笑






真っ暗な部屋に荷物を置いて、近くのスーパーへ。


f:id:nexus17xxx:20170801035459j:image




けっこう近代的なスーパーです。


虫除けスプレーと水を買いました。




スーパーの横にあるよく分からんファーストフード店で適当に夕食を済ませると、


f:id:nexus17xxx:20170801035629j:image



あたりはもう真っ暗。







部屋に帰ってくるとまたしてもおかしなことが。


f:id:nexus17xxx:20170801045231j:image



他の部屋が満室だから床で寝させてくれ、とカナダ人が布団を持ってやってきました。

もはやよくわからん。




床で寝たい彼はバンクーバー出身のテイラーというそう。

ちなみに床でも5ドル取られたらしい。





んー、これがアフリカ。

すごい。




あしたは朝早くから出かける予定なので、今日はそろそろ寝ます。


ではおやすみなさい。




トップページに戻る