Act編

 

事件を解いたアラウドとエイトは、レイに言われた苦境の丘へと向かう…

途中。

突然2人を止めようとする戦士が現れる。

その戦士が言うには、彼は数回、レイ達敵軍と戦った事があり、今の2人の戦力じゃ無理だから諦めろと言う。

だがアラウドは攫われた仲間を助けたいと退かない。

仲間を助けたい事を聞いた戦士は2人を止めるのをやめる。

彼は少し考え、それなら仕方ないと2人の手伝いをすることにした。

その戦士の名は、アクト。

ここで2人に敵軍について話す。

「敵軍はボスの他にA〜Dの4段階で戦力別にチーム編成をしている。その中で弱い分類に入るのがD。そしてDの中でも厄介なのが…」

ここでアクトが何かに気付く。

「…来た…!」

突如目の前が爆発。

そこに現れたのはリモコンらしきものを持った赤眼の黒棒…

「リモート…だな…」

彼の名はリモート。

手にしているリモコンを武器とし、押すボタンによって、リモコンを向けた方向に多彩な攻撃ができる。

と、リモートがボタンを押す。

四方から噴火。

3人はリモートと戦う…

すると突然、遠方から弾丸が。

弾丸が放たれた元には…ライフルを持ち、赤眼で隈が特徴な長髪の白棒…

するとリモートは一旦退散する。

弾丸を放った何者かも姿を消していた…

 

 

Practice編

 

リモートが去って、エイトがいない事に気付く。が、すぐ帰ってきた。

「トイレ行ってたw」

そして、アクトが更に敵軍について話す。

敵は11人。ボス、Aが1人、Bが2人、Cが3人、Dが4人。

そして、敵軍は皆、赤眼をしている。

レイはBの1人、更には事件の犯人であったズィーベンも赤眼、つまり敵軍の1人である事が判明。彼はCの1人であった。

そして、ライフルで撃った長髪の白棒。

アクトはその白棒の事もよく知っていた。

名はハクア(漢字表記は魄亜)。

ライフルの狙いは超確実、更には剣も併用するBの1人。

だが、アクトは疑問に思っていた。

さっきのハクアの弾丸は僅かに逸れてリモートを撃ち抜きそうであった。

僅かなズレもハクアにはとても珍しいという。

とにかく、アラウド達3人は訓練を続ける事にした。

そこで突然、

「それならボクが訓練するよw」

そこには、左目にモノクルを着けた、蛇使い…

名をメタリル。

何故か急に訓練を手伝うと言う。

それに対してアクトは軽く口論を起こす。

そこにまたしても敵…

今度は頭の上の髪が軽くはねて左右が長髪の…どうやら剣士のようだ。

メタリルが応戦して見せる。

剣士が襲いかかる。

「ファイア、行け!」

メタリルの蛇、ファイアが炎で剣士を襲う。

だが、バリア。

どうやら、蜘蛛の巣のようなバリアも使って防御できるようだ。

剣士はリメアと名乗る。

メタリルのもう一匹の蛇、ウォーターが水で攻撃。

リメアは交わしてアラウドの方へ。

「敵を侮るな!剣を振れ!」

アクトが叫ぶ。

アラウドがなんとか剣で防御。

だがすぐに切り替えたリメアは別方向からアラウドに斬りかかる。

アラウドは間に合わない。

…そこに。

「五連投剣!」

短剣がリメアを襲う。

リメアはギリギリで交わす。

短剣の元は…事件で会った、ツェーン。

戦闘スタイルで短剣を操り、装備もしている。

「アラウド…って言ったか…?

スィオリ警部から情報が入った…

事件の犯人、ズィーベンが脱獄した…!」

「何っ…!」

「…やはりか…侮れぬな…」

ツェーンも参戦、リメアと対戦する。

だがリメアは勝てそうもないと思い、退散した。

そしてアクトがリメアはDの1人だと言った。

ツェーンはエイトに気を付けろよと言い、帰る。

アクトは仕方なく、メタリルに訓練するのを認めた。

メタリルは今のアラウドの動きを見て、まだ訓練する人が足りないと言い、仲間を携帯電話で呼ぶ。

そこでアクトはズィーベンの脱獄について…

「奴は変装が得意だ。もしかしたら誰かに変装してくるかもしれん。侮るな。」

 

寂れた建物。

ゴーグルをかけた戦士が何者かに話しかけていた…

「…ボス、また白棒が数人…倒しておきました…」

「ふっ、ご苦労だなリバース。お前とレイといい、よく働いてくれる。」

「ありがとうございます。ところで、イリフとリトーは…」

「問題はないさ。だがやはりアラウドの成長力は無視できないな。やり過ぎないように注意だ。彼等にも伝えておくんだ。」

「了解です…」

その戦士はその場を発つ…