f:id:popcornroom:20161121230424p:plain

 

鬼畜スケジュール真っ只中のレイカーズ。今日はブルズと対戦しました。

この後にはウォリアーズとの2連戦を控えていることを考えれば、今回のブルズと次のサンダーは比較的戦いやすい相手な気がします。

おまけに、今日のブルズにはウェイドがいないときたもんだから、勝利への期待はかなり高まったってもんでした。

この試合への出場が疑問視されていたラッセルは、左膝痛を抱えながらもスタメン入り。

ニューヘアスタイルで登場しました。

f:id:popcornroom:20161121155352p:plain

 
 3分で14点とれるルー様

今日も、1Qのスタメンが出ている時間帯にはリードを奪われているというお決まりのパターン。

1Q残り1分ちょっとからの出場だったルーは、このクオーターだけで8得点をする活躍でした。

このブザービーターはお見事。

 

点差的にもこれで同点になったし、かなりのビッグショットでした。

その後の2Qでも序盤からシュートを決め続け、わずか3分で14点を記録したことに。

本当に毎試合で安定した活躍をしてくれるなあ。頼れるベテラン。

 

ナンスjrは得点でキャリアハイ!

いつもは数字に残らない部分での活躍が目立つナンスは、今日は得点面でも見せ場を作りました。

滞空時間の長いダブルクラッチあり、アリウープあり、プットバックダンクもありで、インパクトは絶大。ダンクは全部で6本。

キャリアハイの18得点を記録しましたが、エゴを出して取りに行っている感じではないですね。

ナンスがかけるオフボール時のスクリーンも、上手く機能しているように思えます。ガタイもいいし、かなり効果的。

もう、まだまだ褒めたりないわ。

 

ルーとナンスの活躍もあり、ベンチからのスコアは59点で、ブルズの32点を圧倒しました。

ベンチスコアでは、ね。。

 
敗因はディフェンスとリバウンド!

3Q途中まではリードする展開でしたが、終盤から崩れ始めました。

特にひどくなり始めたのは3Qのこり5分くらいからですかね…。

ディフェンスがゆるゆるで、オフェンスリバウンドも取られまくり。何度セカンドチャンスを与えたか。。

チームスタッツを比較すると、トータルリバウンドがブルズ56本に対してレイカーズ37本という有様です。こりゃあ、勝てないぜ。

得点面では、最終的に40点を記録したバトラーに好き勝手やられました。

ルークは、

「エース(バトラー)を抑えるのか、それ以外の選手を抑えるのかに絞れ」

と指示をだしていたそうですが、

結果的にどちらとも中途半端となってしまったことを敗因の一つに挙げています。

 

最後に、試合ハイライトとBOXスコアを。

f:id:popcornroom:20161121224405p:plain

 

負け越しはイヤだ

これで2連敗となってしまいました。シーズン成績は7勝7敗に。

次のサンダー戦はなんとしても勝たねばならない…。

レイカーズがシーズン成績で勝ち越しているときの心の豊かさを知ってしまった以上、7勝8敗とかいう数字は絶対見たくない。

 

次は、ウエストブルックをいかにして抑えるかがポイントになりそうですね。

今回バトラーを守り切れなかった反省を、上手く生かしてほしい。