f:id:Mimic:20161024122846j:plain

 

10月22日土曜日に娘の保育園で運動会がありました。

ここ数週、運動会の練習で習った踊りを家で、口ずさみながら踊ったり、すり傷作って帰ってきたり過ごした日々。

こちらも楽しみにしながら、娘のモチベーションをアップするために、「運動会お弁当何にする?」と娘に聞くと、「サンドイッチ!!」と大声で一言。

サンドイッチは、ハム、卵だけじゃ、面白くないので、フルーツサンドも作ることを娘に断言すると、そのフルーツサンドと言うものが気になって、より運動会を楽しみにしていたここ最近。

この楽しみが完全に勝ってしまい、先週からは、「運動会たのしみー!」から「フルーツサンドたのしみー!!」にかわる始末。

そして、当日。晴れました!!朝から、お弁と作るの本当にハード。
「保育園に通っているパパさん、ママさん、お疲れ様です。朝厳しいですね。」
保育園で逢った皆さんに妙な親近感を持って運動会を見守る。

完全に娘は、フルーツサンドで、集中力がマックスとは言えず、整列中もこちらに向かって手を振る余裕を見せる娘。

娘の友だちたちも、土曜でおやすみモードのテンションの低さ。こういうところで信頼出来る娘の友だちたちと実感。

さて、徒競走とかは、ぶっちぎりの遅さで安定感すら感じる。
最後の種目が終わって、親のところへかけてくると、開口一番、「フルーツサンド!!」と大声で話すポテンシャルの高さ。

お弁当のフルーツサンドを夢中に食べた運動会でした。